結婚と家庭

  • By asmile
  • 2014年10月9日
  • 結婚と家庭 はコメントを受け付けていません。

「お母さんなんかキライだ。ボクの言いたいこと、何も聞いてくれないじゃないか!」「なによ!「1そしてその日から息子の顔からは笑顔は消え、話すこともなく数日が過ぎました。もういい加減に事態を心配した博子は「今日こそは」と、夫に相談しようと話しかけました。でも夫は相変わらず忙しそうです。あなたなんか外でのんきに生活してていいわねっ!私は家の中で大変なんだから日」と、夫にもどなりまくる始末。そのセリフを聞いた夫の慎也は、表情をこわばらせて無言ででかけて行きました。「誰もかれも:::まったく!」そのやり取りを、数日前から何も話さない状態だった息子の拓也が部屋からでできてじっと見ていたのです。そして、母親である博子にひとこと言いました。「お父さんだってボクだって、 I人の人間なんだ:::」そのままプイッと、でて行ってしまったのです。家に独り残された博子は、息子のその言葉がとてもショックでした。子供だと思っていた息子から浴びせられたひとつの言葉。それは、思いがけない言葉でした。人の人間?夫や息子が?」「そうだ。7家族は自分の所有物よ!その通りです。慎也や拓也も、れっきとした 人の人間ヘそして 人の男 です。
私は最近、夫や息子を人の人として見ていただろうか?」のような感覚で、接していたのでは?
「夫も息子も 人の人間としてちゃんとした考え方や思いや、意見があるんだ」
博子は自分の大切な家族を、改めて 人の人間として尊重することを忘れていたことに気づきました。
結婚前にで、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。
GF200_72A

Categories: 未分類

Comments are closed.